メルパラ

メル友状態から脱出!即座にリアルで出会うことを優先させよう。決め手は一週間以内に誘うことです。
MENU

メルパラ登録後~メル友状態の女の子とリアルに会うまでの流れ

メルパラ登録後に知り合った女性とライン交換できたら、一段落つくだろう。サイトの外なので心理的には近づいたことは間違いない。

 

そこでラインというアプリについての考え方だ。

 

通常友人と連絡をするなら適当な内容でもふざけていても大丈夫だ。仕事のやりとりであれば、必要最低限の情報の交換で大丈夫だ。既に付き合っているのなら、余計な気遣いもなくても大丈夫だ。

 

一番厄介なのは男女関係で恋人でも友人でもない場合。下手を打てば一瞬でブロックされていまうこともあるし、永遠の無視をくらうこともある。一瞬で無くなる信頼レベルであることをまず肝に銘じておかなければならない。せっかくメルパラで知り合った女性は慎重に扱うべきである。

 

鮮度が大切?ライン交換から出会うまでの期間

次にラインが交換できてから出会うまでの期間の話しだ。これはお互いの都合の合う時しか予定は入れれないが、できるだけ早いほうが良い。

 

出来れば1ヶ月以内。

 

理由は相手の中で時間が経てば気持ちが薄れてしまうからだ。鮮度が大事なのだ。ただ、ラインを交換してからすぐに「会おう」というのは早すぎる。トークがどれだけ交わされたかにもよるが、1~2週間以内には誘ったほうが良い。

 

会って何をするのか

これは会う目的により違ってくるし、女の子の反応にもよって柔軟に対応しなければならない。普通にピュアな顔合わせなら食事か飲み会になる。軽く会うだけでよいならカフェなど。セックスに持ち込みたい!というのであれば、「食事」⇒「バー」⇒「ラブホ」とかだろう。

 

セックスの場合はホテルの場所と飲む場所の位置関係や個室の有無・タクシーを使うかなどある程度プランを考えておいたほうがよい。

 

知るだけで他の男と差がつく女の子のラインのタイプとテンポの理解

ラインは女の子によってタイプが分かれ、テンポもある。ラインで大事なのは不快感を与えないやりとりをしなければいけないということだ。

 

  • 短文タイプ
  • 長文タイプ
  • 早めのテンポ
  • 遅めのテンポ

 

上記の組み合わせが基本ある。

 

短文の子は「休みは何やってんですか?」⇒「ヨガとかなー」⇒「お!女子力!ホットヨガ?」⇒「そだよー」⇒「あれってスッキリすんの?」⇒「そう!ストレス発散になる!」⇒「ストレス溜まってるんすか?笑」みたいな比較的短文を連想ゲームのように繰り返していく。

 

長文の子だと「休みは何やってるんですか?」⇒「返事遅れてすいませんー!仕事が押してしまって>< ちょっと前からホットヨガに通ってますよー^^」⇒「いえいえ、仕事忙しいの?? へぇ!最近始めたんだ?」⇒「そーなんですよねーもう疲れましたー(o´Д`)=з そーなんです!友達に勧められたんですー」みたいな感じで同時に2つの話題になることも珍しくない。

 

基本的に短文タイプは早めのテンポで長文タイプは遅めのテンポでくる。返す頻度は待った時間の半分位でもいいし同じくらい待たせても全然よい。遅かったら次の日の夜に返してあげたほうがよい。

 

ラインで女の子を飽きさせない簡単テクニック

 

スタンプ

ラインで便利なスタンプ。女の子が好きそうな機能を作ったものだ。頻繁に使うのは気持ち悪いが、たまに会話終わりに使ったりすると良い。出来ればネタ用で有料のスタンプをゲットしておきたいところだ。メルパラに登録前には準備をしておこう。

 

画像

画像はそんなに使うことはないが平坦なやりとりに使ってみると、記憶には残りやすくなる。
(例)
「これめっちゃうまい!」⇒新しいアイスの写真 など。

 

見間違え

「今〇〇ちゃん〇〇駅にいた?すげー似た人見たんだよね」※これはある程度親しくなってないと不自然になる。

 

打ち間違え

「お疲れ様です。明日の出力もよろしくお願い致します。」⇒「すいません間違えました(笑)」

 

入力ミス

「らめ」⇒「すいませんポッケで誤作動しました(笑)本当にすいません(笑)」※これもある程度仲良くないと不自然になる。

 

出張

「今、出張で〇〇にきてるです^^」⇒「旅行はすきですかー??」とか質問のきっかけになる。くれぐれもこちらの、状況説明などはしてはいけない。女の子はこちら側の情報なんて興味がないからだ。

 

出会い系で実はキャッシュバッカーも会ってくれることもある

我々男の敵でもあるキャッシュバッカーは、実は会ってくれることもあるのだ。ただ、ものすごく稀だ。会話がたまたまその子にハマっただけで、偶然なのである。メルパラでも、キャッシュバッカーは避けなければいけいのでそれについては「出会い系で蔓延るキャッシュバッカーに騙されないため」で説明する。

 

出会い系で蔓延るキャッシュバッカーに騙されないため

出会い系強者がいない穴場のサイトをピックアップ

このページの先頭へ