メルパラ

メルパラのサイト内メールからライン交換に誘導する具体的な流れ
MENU

メルパラで流れるようにライン交換する鉄板のメール術

メルパラ内でサイト内メールからラインに誘導する上で、意識する大事な2つのことを述べよう。

 

メルパラ内のメールの次の段階はラインを交換することである。メルパラでは送信で60円がかかるので、出来れば早めの方がよい。それに、サイト外でのやりとりは心理的な領域で少し近づいたことを意味する。ここでより親密になっていけば出会えるレベルに到達する。

 

大事なことは、以下の2点である。

  • どれだけ警戒を解けるか
  • どれだけ「この人なら楽しく話せるかも知れない」と思わせるか

 

出会い系でのライン交換に到達するまでのメールのやりとり2パターン

では具体的なメールの内容について話していく。
著者は主に2つのパターンを使い分けている。

 

いきなりパターン

 

まずお互いの情報を交換

趣味でも休日の過ごし方でもなんでも良い。反応が良かったところを話を広げ、反応が悪ければ、他の話題に移る。

 

情報を使って盛り上げる。

基本的なことだがメールとは「感想」⇒「意見」⇒「質問」の繰り返しがベースとなる。

 

やりとりの途中でラインの交換を提案する。

 

ポイントとしては、

 

「ところで、良かったラインかカカオとかで普通にやりとりしませんか?OKだったらこちらからIDをお伝えしますね。まだ、抵抗を感じていたらごめんなさい!このまま、サイト内メールで大丈夫です!」

 

といったように、ちょっと謙虚さを見せると誠実っぽくなるので、良い。この文はよく使って実際に効果もある。実際に断られても、メールを続けるか、切るかは自由である。

 

会う前提で交換を提案するパターン

 

まずお互いの情報交換

ここは同じだ。だが、出来れば「会う」ことに繋がる話題であれば尚良い。

 

場所やお店の話をする

ここでは、カフェ・レストラン・居酒屋などの話題を振る。

 

具体的にいうと、

 

「ぼくはオムライスが好きで(笑)よくお店回ったりしてるんですー^^〇〇さんは好きな食べ物とかありますか??」

 

といった具合だ。

 

女の子をメールで誘う

「〇〇さんと直接話してみたいなーと思ったんですが、良かったら今度、前言っていたお店でご飯でもしませんか?」

 

返事は「いいですねー^^」か「ごめんなさい…」か無視だ。投げてみなくちゃわからないので、躊躇なくどんどんメールで誘ってみることだ。

 

ラインの交換を提案する。

メルパラ内でメール交換の流れができあがったら、別におかしい流れではない。「直接やりとりしたいので、よかったらライン交換しませんか??僕のIDは〇〇です」でいい。

 

この2つ目のパターンは正直おすすめしない。
比較的ポイントを消費するからだ。

 

メルパラのライン交換でベストな交換のタイミング

それはやはり10~5通ぐらいのやりとりが終わってからだろう。2・3通だとまだ、早い。10通やりとりしてライン交換に応じない女は切ってしまおう。

 

業者の巧みな誘導に注意せよ!著者がギリギリで詐欺を回避した話

出会い系サイトには業者が存在する。メルパラにもいるが、最近は取締が早くすぐ追放されているが。著者はもちろん経験済みだ。それは、出会い系を始めてまだ間もない頃であった…。突然、かなり可愛い女の子からメールがきたのだ。

 

「すごく迷ったけど、メールしました><
こういうサイトは使い始めたばっかりでよく分からないです!
昨日もいきなり60歳の人から会わないかって言われてビックリしてますヽ(´Д`;)ノ
プロフィール見てちょっと気になったので良かったらお返事ください( *・_・* )」

 

こんな内容で疑う気持ちが生まれなかった著者自身が相当アホだった。当時は「こんな子からメールがくるなんてついてる!出会い系すげぇ!」というおめでたい考えを持っていた。そこで、ネットの知識をかじったレベルの著者であったが、直アドを提案し、無事にメールでのやりとりに移行した。

 

その時の女の子とのやりとりはよく覚えている。以上に著者に対して色々聞いてくるし、やたら次のメールに引っ張るような言い回しをされていた。その次に、女の子はケータイが壊れて、もう連絡が取れそうにないと言い出した。

 

「このままだったら連絡が取れなくなっちゃう (´д゚`ll)
私の個人的なブログがあるから、そこで会員になれば
ブログのコメ欄でやりとりできるから、今URL送るね!!」

 

といった感じだ。そして、そこのブログが「入会には有料会員になる必要があります。3000円を下記の銀行までお振込みください。」という、完全にアウトな条件を突き出されたわけだ。著者は「おかしい!」と思い友人に相談し、それは詐欺だと言われ。ようやく目が覚めたのであった…。

 

ラインが交換できたら次はいよいよ「出会う」だ

話が大幅にずれたが、こんな詐欺も潜んでいることは頭に入れておいて欲しい。さて、出会い系のラインの交換ができたのならば次はいよいよ、「会う」段階だ。メルパラ以外でも大事になってくるが、次の会うまで流れを紹介する。

 

リアルで会うまでのラインメール術

出会い系強者がいない穴場のサイトをピックアップ

このページの先頭へ